2010年06月09日

緑の曽爾高原

秋には夕日を浴びて紅く染まるススキの曽爾高原、初夏は美しい緑に覆われていました
パソコンの壁紙にしたいような風景が広がっていました

soni1.jpg

soni2.jpg

soni3.jpg

ほっぺたの白いホオジロが、いたどりやわらびに留まっていました
頬の茶色いのは、ホオアカです

hoojiro4.jpg

hoojiro3.jpg



hooaka.jpg

あちらこちらで道草をしながら行きました
途中で出会ったヤマセミと、桑の実をほおばるメジロさんです

yamasemi1.jpg

yamasemi2.jpg

kuwa1.jpg

kuwa2.jpg




posted by マチコさん at 22:19| Comment(3) | TrackBack(1) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初夏の曽爾高原 とっても清々しいですね。
それに澄んだ青空に よい感じの雲が気持ちよいです。
早速3枚目をデスクトップに保存!! 壁紙にしてみたら
22インチの画面に何と!!9画面もできて もうビックリ!!(爆笑)
それにしても 爽やかね♪

下赤坂の棚田をUPしました。また遊びに寄ってね。
Posted by popo at 2010年06月09日 22:59
popoさんこんばんわ
空は青く、雲は白く、山は緑・・・
一般的な基本の色は落ち着きますね
「きれいね!」何回言ったでしょう
幸せな一日でした
Posted by マチコさん at 2010年06月10日 22:39
私も7月30日に曽爾高原へ行ってきましたよ。
ホオアカ目的だったんで鳥の写真しか撮ってないけど、マチコさんのブログを見て景色のきれいさも撮っとけば良かったと後悔してます。

私はヤマセミにはフラれてしまいました(涙)
Posted by Ashgarden at 2011年07月31日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

写真点描・札幌花物語 1
Excerpt:  フラフラ賢夫人(笑)の姪の結婚式で札幌へ行ったとき、輝きをました緑と花々のデジカメ写真を、出し惜しみなく(笑)、一気に公開しますね。長編小説に例えられそうで、割愛して...
Weblog: つき指の読書日記by大月清司
Tracked: 2010-06-12 06:17